2014年08月12日

成功を確信することが成功への第一歩である。

●成功を確信することが成功への第一歩である。

(シュラー・ロバート アメリカの哲学者)


【ホーライの蛇足】

「成功の秘訣は成功するまで続けることだ」という名言もある。

まぁ、何をもって成功というかは個人によるところだけど、とりあえず「夢をかなえたい」としてもよい。

夢をかなえる方法は夢を確信することだ。

あるいは、夢に「期限(いつまでに夢を達成するか)」をつけると夢が「目標」になる。

夢がかなったらいいな、とか、できたら夢をかなえたい、という弱い欲望ではだめだ。

絶対に夢をかなえるぞ、というぐらいで丁度いい。

でも、その前にかなえたい夢を持つのが先決だけどね。

posted by ホーライ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

科学の力が精神の力を凌駕してしまった。

●科学の力が精神の力を凌駕してしまった。
    
ミサイルは正しく誘導され、人々は誤った方向に誘導されている。


     ─ マーティン・ルーサー・キング ─
         
           (アメリカ牧師)



【ホーライの蛇足】

これは科学者への警告だ。

原子力は原爆にも使えるし、原発にも使える。

癌の治療にも使える。

もちろん、原子力は使わない、という選択肢もある。

科学者の良心が世間一般の人たちの良心と同一か?というと疑わしい。

科学者はつい、科学の発展に目が行く。

でも、社会人はそうとは限らない。

300年前の牧歌的な生活のほうが現代よりも豊かで幸せだという考え方もある。


科学者の端くれとして、僕たちは治験を正しく誘導し、人々にも正しく伝える義務がある。


でも「科学の力が精神の力を凌駕してしまった。」と言っていいのだろうか?

精神の力に科学は正しくアプローチしているのだろうか?


posted by ホーライ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分が知っている範囲だけで生きる者は、想像力を欠く者である

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■ 今週の名言 ■■■■■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「自分が知っている範囲だけで生きる者は、想像力を欠く者である」

             (ライオネル・スタンダー)

【ホーライの蛇足】

好奇心を持って世界に出てみよう。

今、その場所がどんなに心地よくても。

足を踏み出し、知らない土地を歩いてみよう。

足を踏み出し、知らない世界を眺めてみよう。

どんなに、今、そこが良かったとしても。

外は雨が降っている。

雨の中を歩いてみよう。

きっと、違う世界が待っているはず。



posted by ホーライ at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

本当に王者になりたい。

●本当に王者になりたい。

まだタイトルは見えないけど、思いと希望は持っている。

(クリスティアーノ・ロナウド ポルトガルのサッカー選手)


【ホーライの蛇足】

アスリートして世界のトップになるという人はこれぐらいの想いがないとだめなんだろうね。

でも、ビジネスパーソンでも同じで、必ずプロジェクトを成功させるぞ、という強い想いがないと成功しない。

「どっちでもいいけれど、成功したらいいな」なんて言っているとたまたま成功するかもしれないが、必ず成功するとは限らない。

散歩のついでに富士山に登った人はいない。

富士山に登ろうという意志を持った人しか登れない。



本当に王者になりたい。

そんな言葉を僕も言ってみたいものだ。



posted by ホーライ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

何で他人が俺の進む道を決めんねん、自分の道は、自分が決める。

●何で他人が俺の進む道を決めんねん、自分の道は、自分が決める。

(本田 圭佑 セリエA・ACミラン所属のプロサッカー選手)


【ホーライの蛇足】

あはははは! 本田圭佑らしいや。

自分の道は自分で決める。

当然と言えば当然。

でも、みんなが、そうなっているかと言えば、実はそうでもない。

社内での人事異動、家族の意向、自分の迷い、いろんな運命やタイミングのようなことで、本当に進みたい道を進んでいない人も多い。

そんな時、どうする?

自分の行きたい道を諦める?

それも、ありだ。

自分の意向とは違う道だけど、のんびりと流れゆく風景を楽しむ。

それでもいいじゃないの。

もちろん、自分の道(夢)のために、戦うのもありだ。

いずれにしても、全て、自分が決めることだ。

誰にも文句が言えない。

posted by ホーライ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一個の道具のように自分を分析しなさい。

●一個の道具のように自分を分析しなさい。
   
自分自身に対して百パーセント率直でなければなりません。
   
欠点を隠そうとせずに、正面から向かい合うのです。


        ─ オードリー・ヘップバーン ─
             
              (女優)


【ホーライの蛇足】

人間って、自分のことを誤魔化しやすい。

人間って、自分に自分の嘘を言いやすい。

人間って、自分に言い訳をしやすい。


僕たちは「欠点」も含めて、自分なのだ。

それを認めた上で、自分と向き合う勇気が必要だ。

「欠点」を武器にすらできることもある。

自分を素直に認めた時、僕たちは100%の力を発揮できる。



posted by ホーライ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分を見つめる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

君にも勇気を出してほしい、最後まで戦うために。

●君にも勇気を出してほしい、最後まで戦うために。

(映画 世界侵略:ロサンゼルス決戦より)


【ホーライの蛇足】

先日の石川県での高校野球甲子園出場を巡っての決勝戦はすごかったね。

星稜が9回裏、8点差をひっくり返して小松大谷に9―8で大逆転。

2年連続17回目の夏の甲子園出場を果たした。


9回裏まで8対0だったんだよ。

そこから9点を取っての逆転劇。

ほんと、野球に限らず、靴を履きかえるまで勝負は分からないものだ。

野球では「2アウトから」という言葉もある。

「もう終わったね」と思ったら、終わりだ。

ゲームセットの声がかかるまで、最後まで戦う意志を見せる。

これこそ、「ルーズベルトゲーム」だ。

世の中、何があるか分からない。

勝つにしろ、負けるにしろ。

posted by ホーライ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

一つ一つを大げさに考えすぎず、しかし一つ一つを粗末にしすぎないことです。

●一つ一つを大げさに考えすぎず、
   
しかし一つ一つを粗末にしすぎないことです。


      ─  寺山 修司 ─
            
      (『両手いっぱいの言葉』)



【ホーライの蛇足】

さすが、寺山修司だ。

奥が深い。

バランスが難しいんだよね。

大袈裟に考えすぎると力が入り過ぎる。

でも、力を抜くと、雑になる。

肩の力を抜き、なおかつ、真剣に、にこやかに実行に移す。

カール・ルイスが100mを走るように、頬の肉をゆるやかにして、なおかつ、100mを世界記録で走る。

難しそう。

posted by ホーライ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

私は失敗を受け入れることができる。 しかし挑戦しないことだけは許せないんだ。

●私は失敗を受け入れることができる。

しかし挑戦しないことだけは許せないんだ。

(マイケル・ジョーダン アメリカの元バスケットボール選手)


【ホーライの蛇足】

マイケル・ジョーダンは名言が多い。

特に「失敗」とか「挫折」「挑戦」に関して、至言が多い。

例えば・・・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■

高校時代は代表チームの選考から漏れた。

9000回以上シュートを外し、300試合に敗れ、決勝シュートを任されて26回も外した。

人生で何度も何度も失敗してきた。 

だから私は成功した。

■■■■■■■■■■■■■■■■■


彼の言葉はただの言葉ではない。

自分の実体験を言っているだけなのだ。(それが凄い。)

マイケル・ジョーダンにして、何度も失敗しているんだよ。

僕の1回や2回の失敗なんて、「屁でもない」ね。


posted by ホーライ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 挑戦について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

知識は能力となる時に貴い。

●知識は能力となる時に貴い。

      ─ 中野 重治 ─

       (『愛しき者へ』)


【ホーライの蛇足】

「ただ知っている」レベルでは「知識」は使い物にならない。

知識を現実の世界で試行錯誤して、失敗なんかもして、それでやっと「知識」は「能力」として身につく。

人はとかく「知っている」だけで満足する。

でも、知っているだけなら、ネットで検索すればよい。

大事なことはそれを実生活に使って、能力として身につけることだ。

この差は100万光年もある。



posted by ホーライ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の本質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかく思いきってやってみよう。

●とにかく思いきってやってみよう。
    
間違ったらまた変えればいい。

    ─ 盛田 昭夫 ─

      (ソニー創業者)


【ホーライの蛇足】

やってみて、間違えて、初めて、間違えていることが分かる。

やらないことには、正しいのか、間違っているのか、すら分からない。


まずは、ステージにあがる。

そして、やってみる。

そこから、全てが始まる。

あなたは、ステージにあがっている?


posted by ホーライ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 挑戦について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

オレが一番大事にしているのは、闘う姿勢。

●オレが一番大事にしているのは、闘う姿勢。

技術はその次、といったら変ですけど、まずは気持ちの面で絶対負けないという意識を持たないと。

(香川 真司 マンチェスター・ユナイテッドFC所属のプロサッカー選手)



【ホーライの蛇足】

「技術・スキル」は二の次でいいのだ。(ただし、不可欠だけど。)

大事なことは「闘う姿勢」。

マインドが大事なのだ。

気持ちの上で負けていたら、絶対に勝てない。

そのマインドを支えているのは自分自身。

自分自身が全てなのだ。

そういう人たちが集まって、初めて「チームワーク」が生まれる。


posted by ホーライ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心を晴れにするのも、雨にするのも自分しだい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■ 今週の名言 ■■■■■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

It's up to you to choose to keep your heart in chains or to let fly.

心を晴れにするのも、雨にするのも自分しだい。




posted by ホーライ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の本質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。

●あなたがすることのほとんどは無意味であるが、
   
それでもしなくてはならない。
   
そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、
   
世界によって自分が変えられないようにするためである。


       ─ マハトマ・ガンジー ─

          (インド独立の父)


【ホーライの蛇足】

大事なことは「世界によって、自分が換えられない」ようにする、ことなのだ。

世界と時代に流されて自分が変わってしまうことほど、怖いものはない。

自分が世界と時代を変える、ならいいけれど。

ガンジーの名言の救いは「無意味でもしなくてはならない」ということ。

あなたは「しなくてはならない」のだ。

それが、あなたと僕の宿命だ。


posted by ホーライ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

信念のために戦わなければいつまでも人の言いなりだ。

●信念のために戦わなければいつまでも人の言いなりだ。

最後にもう一つ、力を合わせて戦え。


(映画 エンジェルウォーズより)


【ホーライの蛇足】

今の日本のこの状況の中で、「戦うべき相手」がいるのは珍しいんじゃないのかな。

それとも、それは僕の楽観視しすぎ?

戦うべき相手は「政治」だったり「社会」だったりもするし、「社内の上司」や「社内の同僚」かもしれない。

あるいは、当局とか?


もし、あなたに戦うべき相手がいたら、それは幸せだと思っていい。

僕には戦うべき相手が誰なのかすら、分からない。

僕は路上を彷徨っているサラリーマンだ。

posted by ホーライ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。

●進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。
   
進まず退かずして潴滞する者はあるべからざるの理なり。


         ─  福沢 諭吉 ─
      
          (『学問のすすめ』)

【ホーライの蛇足】

う〜〜む、難しい言葉だな。

でもさ、とにかく進もうよ。

もちろん、時には退きたくなることもある。

ずっと停滞したい時もある。


でも、とにかく進もうよ。

暗闇の中、かすかな光を探して。

「生きている」ということは「停滞している」ことではない。

「生きている」ということは「活路を求めて前進」しているということだ。


三流でもいいじゃないか。

熱い三流なら。

見た目はクールでも熱いものを秘めて、前進しよう。

苦戦しても。


posted by ホーライ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 逆境に立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

どんなによい物事でも、めったやたらにそれを誇張すると

●どんなによい物事でも、めったやたらにそれを誇張すると、

台無しになってしまうことがよくあるものだよ。

(モリエール フランスの劇作家)


【ホーライの蛇足】

あるある!!

あるいは

いるいる!!


自慢話しかしない人とか、「俺が、俺が」と出てくる人とか、なんでも自分の手柄にしたい人とか。

こういう人を見ていると滑稽で、僕は楽しいので、放置しています。

どんな話でも自分の話題にしたい人。

他人の話に、すぐに入ってくる人。

僕は意地悪なので、こういう人と話す時は、「うんうん」と聴き手に回る。

どれだけ話を盛ってくるか楽しいんだよね。


オーケストラのシンバルみたいに1回か2回、自分のことを話したら、それでいいのだ。


posted by ホーライ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の本質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

人は過去の過ちを認めることを恥じるべきでない。

●人は過去の過ちを認めることを恥じるべきでない。

今日の自分が過去より利口だといっていることにほかならないのだから。


(ジョナサン・スウィフト アイルランド人の諷刺作家・詩人)


【ホーライの蛇足】

まぁね。過ちをしていない人なんていないもんね。

だけど、僕なんて、今日の自分が過去より利口になっているなんて思えないな。

過去と同じ過ちを何度もやるし。(あはははは。これなど、ほとんどバカだ。)

少しは成熟しているという希望のもと、今日も生きる。

たとえ、それが根拠の無いものだったとしても。

僕の過ちなんて、人類の過ちからみればかわいいもんだ。(そういう問題ではないだろう!)


posted by ホーライ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 挫折について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Whatever happens, belive in yourself.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■ 今週の名言 ■■■■■■  143
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Whatever happens, belive in yourself.

どんな時でも自分の力を信じよう。




●賢人たちに学ぶ「道をひらく言葉」
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761268530/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●賢人たちに学ぶ「自分を磨く言葉」
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761268808/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


posted by ホーライ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人が想像できることは、必ず人が実現できる。 かぁ?

●人が想像できることは、必ず人が実現できる。


      ─ ジュール・ヴェルヌ ─
      
        (フランスSF作家)


【ホーライの蛇足】

テレビのCMにも使われている名言だ。

「想像する」→「イメージが浮かぶ」→「達成すべき目標」が明確になる。

逆に「人が想像できない」→「イメージが浮かばない」→「達成すべき目標」が不明。

まずは、達成すべき目標を明確にするのだ。

そうすれば他者が「想像できない」ことすら可能になる。

アップル社を見ると、よく分かる。

posted by ホーライ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。