2014年10月10日

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。

●年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。


         ─ サミュエル・ウルマン ─
                  
              (『青春』)

【ホーライの蛇足】

なるほどね。

確かにね。

燃えるような理想が無くなった時、その人は老いたと言われる。

でも、そんなこと言ったら、始めから理想なんてない人も多いから、そうなると、その人は20歳台でも「老いている」と言われてしまう。

今の日本の現状って、そんなんじゃない?

そうでもない?

僕はどうだろう?

理想ね。。。。。

僕は、今、どんな理想を持っているんだろう?

治験の活性化、かな。

でも、僕は、明日にでも老いるかもしれない。

あなたは、どんな理想を持っている?

教えてくれない?

posted by ホーライ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。

●あなたがすることのほとんどは無意味であるが、
   
それでもしなくてはならない。
   
そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、
   
世界によって自分が変えられないようにするためである。


       ─ マハトマ・ガンジー ─

          (インド独立の父)


【ホーライの蛇足】

大事なことは「世界によって、自分が換えられない」ようにする、ことなのだ。

世界と時代に流されて自分が変わってしまうことほど、怖いものはない。

自分が世界と時代を変える、ならいいけれど。

ガンジーの名言の救いは「無意味でもしなくてはならない」ということ。

あなたは「しなくてはならない」のだ。

それが、あなたと僕の宿命だ。


posted by ホーライ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

人が想像できることは、必ず人が実現できる。 かぁ?

●人が想像できることは、必ず人が実現できる。


      ─ ジュール・ヴェルヌ ─
      
        (フランスSF作家)


【ホーライの蛇足】

テレビのCMにも使われている名言だ。

「想像する」→「イメージが浮かぶ」→「達成すべき目標」が明確になる。

逆に「人が想像できない」→「イメージが浮かばない」→「達成すべき目標」が不明。

まずは、達成すべき目標を明確にするのだ。

そうすれば他者が「想像できない」ことすら可能になる。

アップル社を見ると、よく分かる。

posted by ホーライ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

目標は明確で現実的で測定できるものでなければならない。

●目標は明確で現実的で測定できるものでなければならない。

(ウィリアム・ダイアー アメリカの大学教授)


【ホーライの蛇足】

これは、ビジネスの現場ではよく言われることだね。

「目標によるマネジメント」(Management by objectives:MBO)だ。

ビジネスの目標はできるだけ「定量的」に設定する。

たとえば「一定の成果をあげる」というような「定性的」なものではなく「売り上げを30%上げる」というように。

あるいは、「英語を一生懸命頑張る」ではなく、「9月までにTOEICで730点以上を取る」というように。

そして、目標は「達成できる範囲」でないといけない。

3月の時点でTOEICが300点なのに9月に990点を取る、というのは目標が「偉大すぎる」。

3月で300点で、9月で400点では、目標が低すぎる。

ちょっと、背伸び(ストレッチ)をするぐらいがいい。

3月で300点なら、9月で600点ぐらいで丁度いい。

ちょっと、ストレッチぐらいのほうがいい。


人生に目的は不要かもしれないけれど、人生には目標があったほうが有意義だ。

そう思わない?

posted by ホーライ at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。