2014年10月24日

幸運に恵まれたときも不運なときも 断固として最善を尽くすことが人生の意味を深めるだろう。

●幸運に恵まれたときも不運なときも

断固として最善を尽くすことが人生の意味を深めるだろう。


           ─  キングスレイ・ウォード ─
                  
                 (実業家)


【ホーライの蛇足】

長い人生の中では晴れの日もあるけれど、雨の日も、嵐の日もある。

たとえ、嵐の日であったとしても、嵐を過ごすための知恵が必要だ。

雨の日なら傘をさす、という最善を尽くそう。

人生は、だいたい7対3ぐらいで雨の日が多いと思っていたほうがいい。

問題は、雨の日の過ごし方を誰も教えてくれないということだ。

雨の日には雨の日の過ごし方がある。

そんな日は虹を楽しみにして、ぐっと我慢をしてこらえる、というのが僕のスタンスだ。

最善を尽くしながらね。

posted by ホーライ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 逆境に立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。