2014年10月23日

学問なり技術があるということは立派なことにはちがいないが

●学問なり技術があるということは立派なことにはちがいないが、
  
それを人間のために有効に使って初めて、
  
すぐれた人間だということができるのだと思う。
  
何よりも大切なのは人を愛する心ではないだろうか。


          ─ 本田 宗一郎 ─
                
          (本田技研工業創業者)


【ホーライの蛇足】


学問のための学問ではなく、実社会に役立ってこその学問・技術こそが大事、という本田宗一郎らしい言葉だ。

GCPを学問の対象にしてはいけない。

GCPはあくまでも治験を活かすためにあるツールと精神論だ。

GCPの解釈ばかりしていても(それはそれで悪くはないが)、治験の現場に役立ってこそのGCPだ。

GCPをどう活かすか?

能書きはもう不要だ。

posted by ホーライ at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。