2014年07月27日

人は過去の過ちを認めることを恥じるべきでない。

●人は過去の過ちを認めることを恥じるべきでない。

今日の自分が過去より利口だといっていることにほかならないのだから。


(ジョナサン・スウィフト アイルランド人の諷刺作家・詩人)


【ホーライの蛇足】

まぁね。過ちをしていない人なんていないもんね。

だけど、僕なんて、今日の自分が過去より利口になっているなんて思えないな。

過去と同じ過ちを何度もやるし。(あはははは。これなど、ほとんどバカだ。)

少しは成熟しているという希望のもと、今日も生きる。

たとえ、それが根拠の無いものだったとしても。

僕の過ちなんて、人類の過ちからみればかわいいもんだ。(そういう問題ではないだろう!)


posted by ホーライ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 挫折について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。