2014年09月01日

花を愛するのに植物学は不要である。

●花を愛するのに植物学は不要である。


         ─ 稲垣 足穂 ─
                  
          (『横寺日記』)


【ホーライの蛇足】

稲垣 足穂(いながき たるほ、1900年12月26日 - 1977年10月25日)は、日本の小説家。

1920年代(大正末)から1970年代(昭和後期)にかけて、抽象志向と飛行願望、メカニズム愛好、エロティシズム、天体とオブジェなどをモチーフにした数々の作品を発表。

代表作は『一千一秒物語』、『少年愛の美学』など。



人を愛するのに心理学は不要だ。

人類を愛するのに政治学は不要だ。

目に写るもの、心にスッと入ってくるものを信じて、全てを受け入れることが大事だ。

人はとかく、他人を分析したがる。

血液型だの星座なんぞも使いながら。

でも、それでその人の全てが分かるだろうか?

それで、その人の人格まで分かったつもりになっていないだろうか?

特に、僕たち、「理系」はね。



posted by ホーライ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生に往復切符はありません。一度出発したらもう帰れません。

●「人生に往復切符はありません。

     一度出発したらもう帰れません。」

       ( ロマン・ロラン )



【ホーライの蛇足】

だから、大切にね。

あと、どれくらいで終着駅かも分からない「一人旅」。

時々、途中下車して、景色を眺めたりする。

ここまでの道を振り返ってみると、はるか遠くまで来たものだと思う。

出発したところなんて見えやしない。

何度も途中で、この旅を止めようともしたけれど、なんとなくここまでやってきた。

手ぶらで旅立ったはずなのに、荷物もずいぶんと増えたものだ。

つかのまだけど、旅の道づれもできた。

僕の旅はまだまだ続く。

目的地は分からないけれど。


posted by ホーライ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の本質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。